FC2ブログ
ご当地検定関連ニュースなどを地方紙からピックアップ。
東北関東甲信越中部・東海北陸近畿四国中国九州全国共通北海道RSS|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

丹波黒まめをPR 「丹波篠山黒まめ検定」

篠山市は、丹波黒豆を広くアピールする「丹波篠山黒まめ検定委員会」を発足した。
商工会や生産農家、大学教授ら、産官学が一体となって検討することになり、
他地域にはないインパクトのある内容にしたい考え。(産経web1月30日記事要約)


把握しておる限りでは、
兵庫県には、10もの「ご当地検定」があるからの。
全国のご当地検定検索

有名なのは「明石タコ検定」かね。やはり。
「いたみ学清酒検定」や「有馬学検定」、「竜馬検定」なんかも魅力があるの。
兵庫県ならではの、様々な歴史や産物があるからというのもあるんじゃろうが、
やっぱり12年前の震災によって、改めて故郷を愛する人が増えたというのも
あるんじゃろうて。
丹波の黒豆は、意外にも特許庁「地域ブランド」登録には
至ってないようじゃが、すでに広く定着しているブランドじゃからの。
また楽しみが増えたわい。

ご当地のおたからを見てみよう by「ご当地ですよ!」
サガノスケprof  ご当地家祖父サガノスケ にほんブログ村 地域生活ブログ 全国地域情報へ
スポンサーサイト

  1. 2007/01/31(水) 13:48:37|
  2. 近畿|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

水木ロードに新スポット

鳥取境港市の水木しげるロードにある人気観光施設、水木しげる記念館(同市本町)付近に今春、妖怪に関連するアミューズメント施設や主に観光客を対象とする写真館が誕生する。
鬼太郎の実写版映画公開を意識したもの。
3Dシアターで鬼太郎関連のアニメを上映。巨大茶わんに入って目玉おやじと同サイズに縮んだように映る特撮などもある。
(日本海新聞1月26日記事より)


事業主体は、ジグソーパズルメーカーとして知られる「やのまん」だが、
やのまんは、妖怪花札など鬼太郎グッズでも老舗。

やるなあ。次々と。境港市・・。
鳥取県、行くしかないな。行くとすると、
やはり境港妖怪検定の実施時期に合わせるしかない。
妖怪に目のない私としては、
ご当地家族に言わしてる場合じゃないニュースでございます。


妖怪に興味のある人は、どーぞこちらで楽しんでください。
ご当地妖怪度チェック
私のささやかなコレクションはこちら。
「ご当地目玉おやじ」のブログ
すなかけ


にほんブログ村 地域生活ブログ 全国地域情報へ

  1. 2007/01/26(金) 13:49:06|
  2. 中国|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

雛のつるし飾りまつり開幕

東伊豆町稲取温泉で開幕したこのお祭りは、25万人の来遊が予想されている。
はぎれで作ったぬいぐるみを竹ひごの輪から赤い糸に下げて雛壇の両側につるす、古くからの風習。フクロウ(不苦労)、巾着(きんちゃく=お金に困らないように)、柿(栄養素が多く滋養がある)、草履(足が丈夫になるように)、俵ねずみ(金運)―などいわれある人形を一対(110個)飾る。(伊豆新聞1月22日記事要約)


とても人気のあるおまつりのようで、
行った人は皆、見事だったと大喜びしていますね。
手作りのお雛さまを一つひとつ眺めて歩くのは楽しそう。

興味のある方はこちらのサイトへ

ついでに清楚な河津桜を観ることもできます。
私もひとりで出かけてみようかな。

静岡のおたからを見てみよう。by「ご当地ですよ!」
エヒメprof  ご当地家長女エヒメ にほんブログ村 地域生活ブログ 全国地域情報へ
  1. 2007/01/24(水) 13:50:50|
  2. 中部・東海|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

上越で郷土料理の給食始まる

「全国学校給食週間」にあわせ、上越市の38の小中学校で、「ふるさとの味 再発見!」をテーマにした給食週間が始まった。
上越地域の食文化や伝統料理を知り、味わってもらうことが目的で、サメを食べる習慣を体験するサメの煮こごり、保存にも重宝されたクルミのみそもちなど、普段の給食では食べることのできない献立が続く。
初日の小学校の「ゲンギョのてんぷら」。(新潟日報1月22日記事要約)


ご当地ならではの料理を家庭で味わえなくなっているって
ことなんでしょうけど、大いにやってほしいなあと思いますね。

それにしても「ゲンギョ」とは、冬の日本海でもほんの一時期しか
獲れない幻のお魚だそうで、
天日干しにしたものをあぶると、酒の肴にぴったりなんですって。
うふふ。私は呑めないんですけどね。

ご当地のおたから 郷土料理

ご当地検定お役立ち情報サイト「ご当地ですよ!」
シマネprof  ご当地家母シマネ にほんブログ村 地域生活ブログ 全国地域情報へ
  1. 2007/01/22(月) 13:52:25|
  2. 関東甲信越|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

松之山温泉で「むこ投げ」

十日町市松之山湯本の松之山温泉街で15日、小正月行事「むこ投げすみ塗り」が行われ、昨年結婚した婿さん2人が雪の積もったがけ下へと威勢良く放り投げられた。
「むこ投げ」は、集落の娘がよそに嫁に取られたことへの腹いせから始まったといわれる。
この後、すみ塗りが行われ、人々は顔にすみを塗り合いながら無病息災を祈っていた。
(新潟日報1月15日記事抜粋)


いいなあ。こういうの。好きだなあ。「腹いせ」ねぇ。
投げたいし、投げられたいかも・・・。
結婚式といえば、お嫁さんが主人公なわけでしょ?
新郎なんて、誰も見てねえよって。
投げられた本人も「いい記念になった」って喜んでるらしいし。
オレは、結婚とか、多分しないかもしれないけどね。
小正月の話題ばっかっスね。へっ。

ご当地検定お役立ち情報サイト「ご当地ですよ!」
アキタprofご当地家 長男アキタ にほんブログ村 地域生活ブログ 全国地域情報へ
  1. 2007/01/18(木) 13:53:41|
  2. 関東甲信越|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

感謝を込め、オシラ遊び 遠野

遠野市土淵町の民俗伝承施設、伝承園の南部曲がり屋「旧菊池家住宅」で、16日、地域の子どもたちを招いて、小正月行事のオシラ遊びが行われた。オシラサマに着物を着せたり化粧をしたりして、神とされるオシラサマに感謝した。子どもたちは小正月行事のミズキ団子づくりやカラスよばり、お田植えなども体験した。(岩手日報1月17日記事要約)


今日は阪神大震災から12年目でしたね。
ついこの間のことのように感じます。

ところで、遠野といえば柳田国男の『遠野物語』。
オシラサマ、ザシキワラシなど、東北を代表する様々な民間信仰のある場所です。
とくに小正月には多くの行事があったようで、今もなお、私の憧れの地です。
また雪女が現れるのも、小正月あたりの満月の夜だといわれています。
遠野テレビのライブカメラをご覧いただければわかるとおり、
遠野、、全く雪がありません。。。
雪女も、「ちょっと今年はノリに欠ける」と嘆いていることでしょう。

※その後、とうとう訪れた遠野旅行記はこちら

ご当地検定お役立ち情報サイト「ご当地ですよ!」
サガノスケprof  ご当地家祖父サガノスケ にほんブログ村 地域生活ブログ 全国地域情報へ
  1. 2007/01/17(水) 13:57:21|
  2. 北海道|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

消えゆく小正月風景 伝統文化のどんど焼き

小正月の風物詩「どんど焼き」が紀南で姿を消しつつある。
時代の変化や少子化のほか、環境問題から野焼きの規制が厳しくなったことが一因だとか。
20年ほど前には近くの浜辺でよく見られた、家族でしめ縄を燃やす風景が、
いまではなくなったという。しめ飾りをする家が減っていく中で自然に廃れていったという話も。
そんななかで、田辺市芳養町の境地区では戦後復活して、50年近く続いているそうです。
子どもたちが各家庭を回り、しめ飾りを回収した後、世話役となる「お宿」の保護者宅に集まり、食事をとる、昔ながらの風習を守っているのだとか。
(紀伊民報1月14日記事要約)


日本のお正月っていうのは、色々な意味で気持ちを新たにできる
とてもいいものだと思うんだけど、
それは、正月特有の風物や習慣が、お正月の風景となるからこそ、
実感できる気がするの。
子どもたちは特に、幼い頃の記憶を作れるのはそのときだけだもん。
田辺市芳養町の境地区の皆さんを応援しています。

ご当地検定お役立ち情報サイト「ご当地ですよ!」
エヒメprof  ご当地家長女エヒメ にほんブログ村 地域生活ブログ 全国地域情報へ

  1. 2007/01/15(月) 14:01:41|
  2. 近畿|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

朝の連ドラ 嶺南舞台に 本県初、NHK10月から放映

NHKが今年十月から放映する朝の連続テレビ小説「ちりとてちん」の舞台が嶺南地方になることが、十一日分かった。本県が連続テレビ小説の主な舞台になるのは初めて。

 本県生まれのヒロインが大阪で落語家を目指す人情ドラマ。脚本は「花より男子」(TBS系)、「ギャルサー」(日本テレビ系)などの人気ドラマを手掛けた藤本有紀さん(39)=兵庫県出身=がオリジナルで書き下ろす。ヒロインは三月中に決定する予定。

 本県は伝統と職人の街として描かれ、笑いと商人の街として大阪も登場する。(中略)本県を選んだ理由としてNHKは「伝統工芸品を根強く作り続ける風土で、伝統芸能の落語とのリンクもしやすい」としている。(福井新聞1月12日記事抜粋)


嶺南地方とは、福井県南部の若狭湾沿岸の別称で、
行政区分は北陸だが、地理的・歴史的背景から、
京都など近畿とのつながりのほうが深く、
方言なども、「若狭弁」といって、関西弁の一種なんですって。
若狭塗、漆器、和紙などの伝統の技が豊富にあるそうで、
行ってみたいわ。

お父さんが言ってたけど、
昨年、大都市への転入がバブル期以来の上昇率だったんですって。
うーん、、雇用の問題があるわけだけど、
こんなニュースを聞くと、少々ガックリしてしまうわ・・。

たからの山であるご当地が元気になるような世の中にならないものかしら。

ご当地検定お役立ち情報サイト「ご当地ですよ!」
にほんブログ村 地域生活ブログ 全国地域情報へ
  1. 2007/01/12(金) 14:03:25|
  2. 北陸|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

高島城に「風林火山」効果 年始の入館者7日間で3倍

諏訪市高島城の年始の入館者が、昨年同期に比べ3倍増と好調だ。市観光課によると、NHK大河ドラマ「風林火山」にちなんだツアーの団体客が多く、早くも“大河効果”が現れている。
(中略)
4月にはドラマのヒロインにちなんだ「諏訪由布姫まつり」をスタートさせ、桜見物との相乗効果を狙う。
 高島城の入館者数は、大河ドラマ「武田信玄」放送の1988(昭和63)年に過去最高の年間20万8000人を記録した実績がある。諏訪湖温泉旅館組合が宿泊客に入館割引券を出す計画などもあり、市観光課は「記録更新」も期待している。(中日新聞1月9日記事抜粋)


タッキー主演『義経』が放映された2005年は、
義経の絵が描かれた江ノ電も登場するなど、
観光で訪れる人もかなり増えたそうだけど、
鎌倉は伝統的に頼朝びいきのため、
受け入れ態勢もそれほど熱くならなかったという話も聞いたわ。

やはり、受け入れ側の自治体とドラマ自体の盛り上がりとが、
いい具合にかみあってこないといけないというわけかしら・・。

諏訪駅周辺は、現在かなり元気がなくなっているみたい。

山梨県主催のご当地検定『風林火山武田検定』も
4月に行われる予定みたいだけど、「ご当地ですよ!検定検索」

諏訪周辺も『風林火山』パワーで、
再び元気を取り戻してほしいものね。

ご当地検定お役立ち情報サイト「ご当地ですよ!」
にほんブログ村 地域生活ブログ 全国地域情報へ
  1. 2007/01/09(火) 14:04:35|
  2. 関東甲信越|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

水検定、水守制度…熊本市が水資源プラン

熊本市は、豊かな地下水など水資源を次代に継承し、市内外にPRするため、「くまもと水ブランド創造プラン」を策定した。一般を対象とした水検定試験の実施や、水保全に取り組む「水守(みずもり)」制度の創設などに取り組む。
「水検定」は全国初の取り組み。市がテキストブック(教科書)を作成し、その中から地下水の知識や、熊本の水に関する歴史について筆記試験を行う。一定の得点者に合格証を渡し、水保全への関心を高めることに役立てたい考え。(中略)

このほか、宿泊施設などの蛇口に「100%天然地下水」の表示をしてもらい、観光客に良質な水道水を味わってもらう取り組みなども行う。
(くまにちコム1月5日記事抜粋)


熊本というと、天草の美しい海と同時に、
つい水俣病を連想してしまう私も歳ってことね。
そういえば、
「あの事件があったからこそ、美しい海への取り組みが高まって、
現在の水俣の海の透明度や美しさは、すごいのだ。」
と、水俣市が故郷の奥さんが話していたのを思い出したわ。

そんなこと言いながら、
「水検定」は、ご当地検定に入るのか、どうなのか、ってところも
お母さんは気になるなあ。

ご当地検定お役立ち情報サイト「ご当地ですよ!」

にほんブログ村 地域生活ブログ 全国地域情報へ

  1. 2007/01/06(土) 14:05:42|
  2. 九州|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。