ご当地検定関連ニュースなどを地方紙からピックアップ。
東北関東甲信越中部・東海北陸近畿四国中国九州全国共通北海道RSS|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

四万十移住者の会:初の民家2軒売り出しへ 地域おこしへ初ステップ

 四万十市の「四万十移住者の会・四万人(しまんちゅ)」(吉岡仁志会長)と地元住民が協力して、Iターンなどでの移住希望者を対象に、民家2軒を近く売り出す。初めのステップとなる住居を確保することで、スムーズな移住を支援するのが狙い。移住に際して最大のネックが住居。現在、同市への移住待機者は約80組に及ぶが、なかなか空き家の貸し手が見つからないのが現状という。(毎日新聞11月30日より抜粋)

最近は全国各地で移住の誘致を行う街が増えている。実際に過疎に悩む街と、田舎で暮らしたいという人々を結びつけるサービスはどんどん行うべきだと思う。
現状では、移住先に土地を買い、そこに家を建て。。。とかなり経済的に余裕がある人が対象となっている気がする。
今回の例は地元の建設会社が土地を購入してそこに家を建てた、という
ことで、少しずつ官民が一体になってハードルを下げてくれたらいいなーと思う。

ご当地検定お役立ち情報サイト「ご当地ですよ!」あっこ)
にほんブログ村 地域生活ブログ 全国地域情報へ
ご当地ですよ!のご当地ニュースを登録 by BlogPeople


スポンサーサイト

  1. 2006/11/30(木) 20:00:00|
  2. 四国|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「あがしこ」が消えてしまう 湯沢駅のJR直営居酒屋が休業へ

湯沢市のJR湯沢駅に隣接するJR東日本秋田支社直営の居酒屋「あがしこ」が、11月いっぱいで休業することになった。

平成元年10月のオープン以来、主に夜行列車待ちの利用者でにぎわいを見せたが、ダイヤ改正などを背景に利用者が減少、昨年は1日平均数人という状態だった。市民からは「駅は既に夜間無人化の状態。店の明かりが消えれば駅前はさらに寂しくなる」という声が聞こえてくる。(秋田魁新聞11月28日 抜粋)

居酒屋閉店がニュースに?と驚いたが、駅にあるお店なんですね。
『駅のアナウンスが店内に聞こえ、スタッフも乗車時間を知らせてくれることから「安心して飲める店」(同駅)だったという。』

「あがしこ」とは、津軽あたりの方言で「灯り」という意味だそう。
無責任なようだが、人の心にともる灯りも消えてしまうようで、
こういったニュースは寂しいものです。

ご当地検定お役立ち情報サイト「ご当地ですよ!」クネ)
にほんブログ村 地域生活ブログ 全国地域情報へ
ご当地ですよ!のご当地ニュースを登録 by BlogPeople


  1. 2006/11/29(水) 20:00:00|
  2. 東北|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「亥」のお守りの箱詰め大忙し 伊勢神宮で一刀彫の2万7880体

 伊勢神宮の干支(えと)をかたどった一刀彫の「干支守」を箱詰めする作業が、伊勢市宇治館町の神宮司庁頒布部第二奉製所で進んでいる。干支守は来年の「丁亥(ひのとい)」にちなみ、イノシシが草原を駆ける図柄で、木は神宮神域産のクスノキを使っている。箱詰め作業は、神宮司庁職員が干支守を白い紙で包んで小さな守り札と説明書とともに木箱に入れ、麻ひものような「麻串(ぬさ)」を結ぶ。おはらいを済ませ、12月から授与される。箱詰め作業は年末までかかるという。(中日新聞11月28日より抜粋)

こういう話題が出てくると、いよいよ今年も終わりな感じがしてきます。それなのに今日の最高気温は20℃ (/_;) 全然冬じゃない!
それでも今週には12月に入るわけで。
今月は何回か伊勢神宮に行く機会があるので、このいのしし、ぜひとも
ゲットしたいと思います。

ご当地検定お役立ち情報サイト「ご当地ですよ!」あっこ)
にほんブログ村 地域生活ブログ 全国地域情報へ
ご当地ですよ!のご当地ニュースを登録 by BlogPeople


  1. 2006/11/28(火) 20:00:00|
  2. 中部・東海|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

歴史などの難問に悪戦苦闘 彦根城下町検定試験 74人が受験

 彦根商店街連盟は26日、滋賀県彦根市中央町の彦根商工会議所で「第2回彦根城下町検定試験」を実施、県外からの人も含め74人が受験した。
 同試験は、彦根の知識を深め、よさや素晴らしさを再認識してもらうために昨年からスタート。昨年は50問だったが今年は100問に倍増、1問1点で80点以上が合格する。問題も昨年は、現在の町の様子を中心にしていたが、今年は幕末の大老井伊直弼が好んだ木の種類をたずねるなど、彦根城や歴史の問題を増やしたという。(Yahoo!ニュース 11月26日より抜粋)

これからの時期、いよいよご当地検定目白押しといった感じです。
去年の50問から100問に倍増、というところに主催者側の並々ならぬ努力と意欲を感じますね。
今年は検定情報を集めるので精一杯だったので、来年は少しでも多くの検定に挑戦して、ご当地ですよ!に体験記を投稿して行こうと思います。

ご当地検定お役立ち情報サイト「ご当地ですよ!」あっこ)
にほんブログ村 地域生活ブログ 全国地域情報へ
ご当地ですよ!のご当地ニュースを登録 by BlogPeople


  1. 2006/11/27(月) 20:13:11|
  2. 近畿|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

バウムクーヘン作り:竹に材料塗り、炭火焼き 小学生20人参加

 野外でバウムクーヘンを作るイベント「ひみつきちであそぼう!!」が23日、名張市神屋の山林にある小屋で開かれた。小学生ら約20人が参加、山から切り出した竹にケーキの材料を塗り、炭火で焼いて遊んだ。
切りそろえた竹にケーキの材料を塗っては炭火で焼く作業を繰り返した。こんがり焼き上がると、「甘いにおいがする」と歓声が上がった。
毎日新聞11月24日から抜粋)

バウムクーヘンをこうやって野外でできると言うのは最近知った。
山から切り出した竹を使うと、竹の香りがするバウムクーヘン
なるだろうな、と考えるだけで涎がでそう。
こうして子供の頃から自然に食と触れることが、食育につながるのだろう。
こういうイベントはぜひ大人向けにも開催して欲しい。

ご当地検定お役立ち情報サイト「ご当地ですよ!」あっこ)
にほんブログ村 地域生活ブログ 全国地域情報へ
ご当地ですよ!のご当地ニュースを登録 by BlogPeople


  1. 2006/11/26(日) 21:00:00|
  2. 中部・東海|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

干物で飾りつけ イカすツリー登場

イカの干物などを使いクリスマス気分を盛り上げる唐津呼子町の名物「イカすクリスマスツリー」が今年も朝市通りに登場し、観光客の目を楽しませている。12月25日まで。

 唐津観光協会呼子支所が毎年この時期に設置しており、今回で7年目。高さ約5メートルのツリーにイカとアジの干物が取り付けられ、約5000個の電球や青のカラーボール、ヒオウギガイの貝殻などで飾り付けている。(佐賀新聞 11月24日抜粋後略)

唐津・呼子イカ検定の実施も決まっている唐津町。
「イカすクリスマスツリー」というネーミングもさることながら、
干物のツリーとは・・・。恐れ入りました!

いい干物はウマい。イカはまた格別だ。
日本酒がすすむのもしょうがない。
いや、そんなことより、さぞウマいであろう、呼子のイカが来月の25日までツリーにぶら下がっているわけですよね?
ステキだけど、ネコもたくさんぶら下がってるなんてことは、
ないんだろうか。
謎。だれか教えて。
ご当地検定お役立ち情報サイト「ご当地ですよ!」クネ)
にほんブログ村 地域生活ブログ 全国地域情報へ
ご当地ですよ!のご当地ニュースを登録 by BlogPeople



  1. 2006/11/25(土) 20:00:00|
  2. 九州|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

雪に備えラッセル車出番準備 JR高山線で試運転

本格的な雪の季節を前に、岐阜県飛騨地方のJR高山線で21日、ラッセル車の試運転が始まりました。ラッセル車は除雪装置を備えた機関車。同県高山市の高山駅に常駐し、線路上の積雪が20センチを超える見込みになると出動します。12日に市街地に初雪が降った同市も、この日は最高気温15.1度の小春日和。やわらかな日差しのなか、ラッセル車は除雪装置の動きを確認しながら、まだ紅葉の残る飛騨小坂駅(岐阜県下呂市)-角川駅(同県飛騨市)間52.9キロを往復しました。
中日こどもタイムズ11月22日より抜粋)

私のご当地、北海道でもこの時期になると「ささら電車」と呼ばれる
電車が走る。これは札幌を走る路面電車のための除雪列車。
このニュースを聞くと「冬が来たな~」と感じる。
それと同様に、北海道では「雪虫」なる虫が秋の終わりに飛び始め、
雪虫が飛び始めると「あ、あと1週間で雪が降るな」と誰しもが
わかるという冬の使者である。

冬好きな私としては、こういったご当地の冬の訪れイベントを
ぜひともたくさん体験してみたいと思う今日この頃だ。
三重にも雪が降ればいいな~。
ご当地検定お役立ちサイト「ご当地ですよ!」あっこ)


にほんブログ村 地域生活ブログ 全国地域情報へ
ご当地ですよ!のご当地ニュースを登録 by BlogPeople


  1. 2006/11/24(金) 20:00:00|
  2. 中部・東海|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0

戦場ケ原 進む湿原の変化

湿原の一部で森林化や低層湿原化が懸念されている奥日光・戦場ケ原の環境を守ろうと、環境庁や有識者による「戦場ケ原湿原保全対策検討会」の初会合が20日、開かれた。会議では、戦場ケ原で増加するシカの食害などで植生が変化しているとの声が相次いだ。(中略)
近くで農場を経営する小出太美さんは「シカが草を踏みつけるため、露出する水たまりが多くなってきている」と話している。(以上産経web 11月21日栃木県のニュースより抜粋)

戦場ヶ原
↑これは、昨年夏に旅行で訪れたときに、「シカシカだ」と大喜びで撮影した1枚

人も少なく静かな湿原で、小川の向こう岸にシカを発見したときは、大はしゃぎで、「自然が豊かなんだなあ」などと感激していたのも無知な話でお恥ずかしいが、よく考えてみると、あのシカ、人間を怖れる様子はなかったし、その後なんだかんだで3頭ほどに出会ったし、ちょっと感激も薄まる感じではありました。ハイ。
自然のバランスとは、とても難しいものなのですね。
ご当地検定お役立ち情報サイト「ご当地ですよ!」クネ)

にほんブログ村 地域生活ブログ 全国地域情報へ


  1. 2006/11/22(水) 20:15:30|
  2. 関東甲信越|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

札幌の小6コンビ 吉本ライブでお笑い修業中

ちょっと前の記事なのですが。。。

札幌の小学生2人の漫才コンビ「道産子キッズ」が、プロのお笑い芸人を目指す若者に交じって、毎月札幌のお笑いライブに出演し、注目を集めている。「人を楽しませるのが何より好き」という2人。もちろん夢はプロの漫才師だ。
 二人は、共に手稲区の新陵小六年で十二歳の益子かりんちゃんと石川天斗(たかと)君。「小さいときから大のお笑い好き。どうやったら人を笑わせられるんだろう」と考えていたかりんちゃん。四年生の時、「とっても面白いキャラクター」という同級生の天斗君を誘って参観日の余興に出演した。以来、学校で授業前に漫才を披露して友達を楽しませていた。(北海道新聞11月10日抜粋要約)

最近はテレビに出ているアイドルなんかも低年齢化が進んでいて、
「自分の子供でもおかしくない年齢か?」と思っていたが、ついに
お笑いにまでキッズの波が!
子供が一体どんなことをネタにして漫才をやるのか、非常に
興味深いと思った。
次回帰省するさいは、ぜひとも見てきたいと思う。
ご当地検定お役立ちサイト「ご当地ですよ!」あっこ)

にほんブログ村 地域生活ブログ 全国地域情報へ
  1. 2006/11/21(火) 21:00:00|
  2. 北海道|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

「びんちょうタン」の里山体験 アニメファンら炭の窯出しに汗

アニメ「びんちょうタン」をイメージしながら炭焼き体験などを行う「びんちょうタンふるさとの旅・里山体験ツアー」が19日、みなべ町内で行われ、アニメファンの若者ら約30人が参加。炭の窯出しや植林を行った。
町内の炭焼き窯に集まった参加者たちは、窯の奥でオレンジ色に光る備長炭に興味津々。備長炭の生産者が炭の焼き方などを解説したほか、江草さんも窯だしに挑むなど、和やかな雰囲気に包まれた。(産経web和歌山県のニュースより抜粋中略)

知らない世界はたくさんある。クヌギたんに、ちくタン、れんタンなどというかわいい登場人物が、ほのぼの系の物語をつくっているらしい。紀州備長炭びんちょうタンなんだね。里山を知り、炭づくりを体験する、、いいことなんぢゃないですか?おねえタンは、感心しましたよ。
ご当地検定お役立ちサイト「ご当地ですよ!」クネ)
にほんブログ村 地域生活ブログ 全国地域情報へ


  1. 2006/11/20(月) 20:54:58|
  2. 近畿|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

昭和の記憶 ちゃぶ台、めんこなど懐かしの300点

国民的人気を集めた軽自動車「スバル360」や急速に生活の中に普及したテレビ、冷蔵庫などの電気製品…。昭和30年代の生活を振り返る企画展「となりのレトロおもいで昭和30年代」がみどり市大間々町のコノドント館(竹内寛館長)で開かれている。当時、少年時代をすごした「団塊の世代」や昭和ブームに興味を持つ若い世代まで幅広い年齢層が関心を示している。平成19年2月12日まで。(Sankei web 群馬県のニュースより抜粋)

タイトルに惹かれて、調べてみたら大変興味を持ってしまいました。ちょっと前に「食玩」ではやりましたね。昭和の古き良き時代の最新製品たちが、実物で展示されているそうです。「今もウチにある!」という方は展示にご協力してみては?


(ご当地検定お役立ち情報サイト「ご当地ですよ!」
ユキムラ)
  1. 2006/11/19(日) 20:00:00|
  2. 関東甲信越|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

ボジョレー迎撃!甲州産ヌーボー

甲州産ヌーボー、フランスのボジョレを迎撃
都内で味わう会、愛好家ら味楽しむ

今秋収穫されたブドウで作ったフランス産ワイン「ボジョレ・ヌーボー」が解禁となった十六日、甲州市勝沼町のワイナリー八社でつくる「勝沼ワイナリーズクラブ」(三沢茂計会長)は、東京都内で甲州ワインの新酒を楽しむイベントを初めて開いた。

来賓として参加した女優の川島なお美さんは、甲州ワインの新酒を「ブーケのような香りで、すっきりとした口当たりがチャーミング」と評価。日ごろから甲州ワインに親しんでいて「家庭料理にも洋食にも合ういいワイン。PRに一役買いたい」と話した。(山梨日日新聞より抜粋)

この時期何かと話題になるボジョレーヌーボー。でも、そろそろ飽きてきたかな?というところで国産ワインボジョレーを迎え撃ち!まだまだ日本のワインも負けニャい...


(ご当地検定お役立ち情報サイト「ご当地ですよ!」
ユキムラ)
  1. 2006/11/18(土) 07:00:00|
  2. 中部・東海|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

砂と光 幻想世界 鳥取砂丘に"大聖堂"

鳥取市福部町湯山の鳥取砂丘情報館「サンドパルとっとり」の隣接地に、砂像を展示する「砂の美術館」が完成し、十六日、事前点灯が行われた。
十七日午後六時から点灯式を行い、来年一月三日まで点灯される。
サンピエトロ大聖堂▽古代遺跡▽ミケランジェロの彫刻「ピエタ」などがライトアップされ、幻想的な夜の野外美術館を演出している。(日本海新聞11月17日記事抜粋要約)

鳥取砂丘というと、吉永小百合のドラマ「夢千代日記」が思い浮かぶ。


冬の寂しげな海と砂丘の風景が、主人公の心象風景にピッタリ合っているように思え、幼い頃から「妄想系」だった私の心を揺さぶった。

そんな鳥取砂丘に、砂のサンピエトロ大聖堂だ。
『ダヴィンチ・コード』や『天使と悪魔』で、激しく妄想していた私に、再び鳥取が呼びかける。
ご当地検定お役立ち情報サイト「ご当地ですよ!」クネ)

にほんブログ村 地域生活ブログ 全国地域情報へ
  1. 2006/11/17(金) 20:00:57|
  2. 中国|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

カモシカの引っ越し先決まる

今月末で閉園する御在所岳山上の日本カモシカセンター(菰野町)は14日、飼育するカモシカ5種類17頭のうち、シャモアとシロイワヤギの各3頭の受け入れ先が決まったと発表した。
シャモアは東京都立多摩動物公園(東京都日野市)に引き取られ、21日に移送する。シロイワヤギの受け入れ先は横浜市立金沢動物園(横浜市金沢区)で、移送日は28日。(中日新聞11月15日より抜粋要約)

カモシカセンター。とても興味があった施設なので閉園するのは大変残念である。三重でのびのび育ってきたカモシカは東京や横浜にきちんと馴染めるだろうか。右も左もわからないままに北海道から上京してきた自分と若干重ね合わせてしまう、ちょっと切ない朝である。
ご当地検定お役立ちサイト「ご当地ですよ!」あっこ)

にほんブログ村 地域生活ブログ 全国地域情報へ
  1. 2006/11/16(木) 20:30:50|
  2. 中部・東海|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

坂本龍馬と中岡慎太郎しのぶ没後140年、霊山護国神社で墓前祭

没後140年目を迎えた幕末の志士、坂本龍馬と中岡慎太郎をしのぶ墓前祭が15日、京都市東山区の霊山護国神社で営まれた。
墓前に供えられたろうそくは、午前には龍馬の出身地である高知市内で誕生記念祭で火が灯されたものを、ランプに入れて京都まで運んだというもの。

志半ばで凶刃に倒れた2人を悼み、多くのファンが線香や花を手向けた。境内では両者が食べる予定だったとされるシャモ鍋も観光客らに振る舞われた。 (京都新聞11月15日抜粋要約)

坂本竜馬人気は高知だけにとどまらず、京都、
そして神戸にはなんと、竜馬検定まで登場するほど・・。詳しくはコチラ
かくいう私も「竜馬がゆく」は夢中で読んだくちですが。
ゆかりの地というならば、神奈川県横須賀市には、
おりょうさんの墓もあるし、「竜馬検定~神奈川編」ってのはどうだろうか?
ご当地検定お役立ち情報サイト「ご当地ですよ!」クネ)

にほんブログ村 地域生活ブログ 全国地域情報へ

  1. 2006/11/15(水) 22:10:55|
  2. 近畿|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

雪の通学路、各地で氷点下

放射冷却現象で冷え込んだ13日朝、県内各地で最低気温が氷点下を記録した。長野は氷点下0・4度、諏訪は氷点下1・5度、飯田氷点下1・1度。12月上旬並みで、この秋初めての氷点下。松本は氷点下2・4度、軽井沢は氷点下2・4度だった。
北安曇郡白馬村では、晴れ上がった13日朝、白馬南小学校近くで真っ白に雪化粧した通学路を子供たちが元気に登校していた。
 子どもたちは、歩道脇に寄せてある雪の中を歩いたり、雪玉を作って投げたりしながらも、校長先生の出迎えには「おはようございます」と、しっかりあいさつのタッチを交わした。(信濃毎日新聞11月13日記事抜粋要約)

全国的に昨日は冷え込んだようだが、氷点下・・・。
元気にタッチ・・・。

神奈川県も13日は布団が冷たく、ネコも布団に入り込み、ひえーひえー!と騒いでいたとはいえ・・。
氷点下・・・。
早速私も最新型のガスファンヒーターを購入した。
ちなみに神奈川県の13日の最低気温は7.8度。長野は氷点下・・・。
冬は軟弱極まりない私であります。
北海道出身のあっこさーん?こんな私ダメですか?
(ご当地検定お役立ち情報サイト「ご当地ですよ!」担当クネ)
  1. 2006/11/14(火) 18:54:26|
  2. 中部・東海|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

おメェには負けねえよ 角ぶつけ合い 沖縄で闘ヤギ

 闘牛ならぬ闘ヤギ大会(ピージャーオーラサイ)が12日、沖縄県本部町の瀬底島であった。 瀬底島はヤギの畜産が盛んで、食用は2歳ぐらいまでに出荷する。だが、強そうなヤギは闘ヤギとして飼われ、11年前から地域興しの一環で春と秋の年2回ある大会に出場する。
 瀬底山羊(やぎ)愛好会の仲田亘会長(66)によると、「ヤギは本来気性の荒い動物」という。大会後の1カ月ほどはおとなしくなるそうだ。 (朝日新聞11月13日より抜粋要約)

アニメ「アルプスの少女ハイジ」ではユキちゃんというヤギとハイジが仲良く遊んでいる姿がとても印象的だが、あそこまで手なずけるのはかなりの時間と労力が必要なのかもしれない。
本来なら人間に食べられてしまうはずが、強ければ生き残れる。そんなシステムがより気性の荒いヤギを生み出しているのかも知れない。
非常に興味深いイベントである。
ご当地検定お役立ちサイト「ご当地ですよ!」あっこ)


  1. 2006/11/14(火) 18:16:05|
  2. 九州|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

こころの祭:姫路市内の厳選46カ所で

普段入れない民家や工房、寺社などを開放し、訪れた人に姫路の文化を体感してもらう「第15回こころの祭」(姫路市文化振興財団、同市、同市教委主催)が11日、市内各地で催された。参加者の心の触れ合いを大切にする祭りの原点に立ち戻った今年は厳選46カ所での開催。あいにくの雨模様にもかかわらず、大勢の参加者が交流を楽しんだ。(毎日新聞11月12日より抜粋要約)

三重県に引っ越してきて思うが、西日本には歴史ある建造物や遺跡が
本当に多い。金閣寺や法隆寺など、誰もが知っているものはもちろんのこと、街並みやちょっとしたお店や小路など、様々なところで自分が
日本人であることを誇りに思える、そんな景色に出会える。
このイベントはそういった日本を再発見をするという意味でも非常に
魅力的なものであり、ぜひとも来年は行ってみたいと思う。

ご当地検定お役立ちサイト「ご当地ですよ!」あっこ)
  1. 2006/11/13(月) 08:44:50|
  2. 近畿|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

兼六園が1位!「NIKKEIプラス1」

冬におすすめの観光スポットは日本全国にたくさんありますが、日経新聞の土曜版の「NIKKEIプラス1」で「冬におすすめの観光スポット」で兼六園が堂々1位になりました。金沢へ観光に行けば必ず兼六園に足を運ぶというほど有名な場所です。一年を通して整備された庭園は多くの人たちに愛されていますが、特に灯篭や「雪つり」などに雪が積もった冬景色はいつまでも脳裏を離れません。この冬も観光客でにぎわいそうです。

(ご当地検定お役立ち情報サイト「ご当地ですよ!」
ユキムラ)
  1. 2006/11/12(日) 20:49:47|
  2. 北陸|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

負けニャい 飼い猫3日ぶり発見 佐呂間・竜巻で

網走管内佐呂間町若佐地区を襲った竜巻で、全壊した住宅のがれきの中から10日、1匹の猫が助け出された。「真っ暗ながれきの中で生き抜いた小さな命が、復旧作業が続く被災地に、久々の明るいニュースとなって伝わった。見つかったのは、会社員佐々木孝三郎さん(59)が飼っていた3匹の猫のうち1匹。雄で3年ほど前から自宅にすみ着き、名前は付けなかったが毎日、餌をやっていた。7日の竜巻で住宅が全壊し、3匹とも行方が分からなくなった。 (北海道新聞11月11日より抜粋要約)

自然の力のすごさを改めて実感させられた今回の竜巻
私も以前北海道で竜巻を見たことがあるが、その威力たるや
ただただ人間は口をあけて見ているしかなかった。
その中で、生命の力強さを感じさせるこういったうれしい出来事も。
このネコにはぜひとも長生きしてもらいたい。
(ご当地検定お役立ちサイト「ご当地ですよ!」あっこ)


  1. 2006/11/11(土) 08:17:05|
  2. 北海道|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ご当地ナンバー 仙台

"国土交通省がまとめた自動車の「ご当地ナンバー」の普及状況が11月2日発表された。
仙台」ナンバーが全国で唯一、1万台を突破し、トップを快走。東北のもう1つのご当地ナンバー「会津」は16位と伸び悩んだ。「年配の人ほど仙台への愛着が強いのでは」というのは宮城県自動車協会。会津はもともと登録台数が少ない上、交付場所が福島市と遠いことが低迷の要因とのこと。(河北新報11月3日より抜粋要約)

ご当地アイデンティティーの表し方もいろいろあるものですね。車を運転するときに、よりご当地度が具体的なナンバーの車がいたら、結構楽しいかもなあ。
(ご当地検定お役立ちサイト「ご当地ですよ!」クネ)
  1. 2006/11/10(金) 19:50:18|
  2. 東北|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。